進撃の巨人・自由論

わたしは自由であるか。自由とは何なのか。深堀りすれば自由の謎が解けるマンガもあるかもしれない。

3.9.b 「余計者」の自由、またはライナーの救済 (下) ~ 本来の自己を選ぶ自由

「上」からどうぞ。 unfreiefreiheit-aot.hatenablog.com ライナーの自己欺瞞 みずからの意味ある死によって、罪悪感を埋め合わせたい。 そのような願望を、エレンが「地鳴らし」を開始したあとも、いまだライナーは実現できずにいます。 ジャンに自分の罪深…

3.9.a 「余計者」の自由、またはライナーの救済 (上) ~ 本来の自己を選ぶ自由

unfreiefreiheit-aot.hatenablog.com 世界の「余計者」としてのわたし 実存主義って、平凡な「普通の」人間の自由を照射するための哲学なんだよ、という話を長々としてきました。長すぎた感もありますが、これで最後にしますので、ご容赦を。 最後はこの人、…

3.8 神でも悪魔でもない「普通の」人間になること ~ 本来の自己を選ぶ自由

unfreiefreiheit-aot.hatenablog.com 「神でも悪魔にでもなれる」人間 エルディア人を「悪魔」とさげすむ「普通の」マーレ人たち。 かれらは「悪魔」を虐げるふるまいをつうじて、みずからを「凡人のえり抜き」にします。 むしろそういう「普通の」マーレ人…

3.7 人種差別と「普通の」人間 ~ 本来の自己を選ぶ自由

『進撃』における人種差別 実存主義によれば、普通の人間のデフォルトは非本来性、すなわち、本来の自己を見失っている状態であるという話はしました(3.3)。 この非本来性という状態そのものは、善でも悪でもありません。 でもそれとは別に、本質的に邪悪…

3.6 所有と自己欺瞞 ~ 本来の自己を選ぶ自由

unfreiefreiheit-aot.hatenablog.com 小市民的な自己欺瞞 あれ、なんだか作品考察ばかりになって、哲学解説ブログじゃなくなってきたぞ。そろそろ新しい哲学者も紹介しなければ。 というわけで、今回はストア派のエピクテトスが出てきます。 さて、実存主義…

3.5 試練としての本来性、またはコニーの「裏切り」 ~ 本来の自己を選ぶ自由

unfreiefreiheit-aot.hatenablog.com コニーの本来性 以前の記事(3.3 参照)では、コニーが「状況に流され」て調査兵団入りを選んだと指摘しました。 その後、かれが状況にどう対峙し、何を選びとったのかを、ここで考察してみましょう。 コニーにも実存的…

3.4 アニの自己欺瞞と本来性 ~ 本来の自己を選ぶ自由

unfreiefreiheit-aot.hatenablog.com アニの自己欺瞞 日常的な「普通の」人間のデフォルトは、非本来性である。 つまり非本来性それ自体には、善いも悪いもない。 ただし人間は、本来の自己を選んでいるようでいて、実は自分自身を騙しているにすぎないとい…

3.3 アニとコニー、または状況に「流される」こと ~ 本来の自己を選ぶ自由

unfreiefreiheit-aot.hatenablog.com 本来性と非本来性 「ほんとうのわたし」を選ぶこととしての自由を、ジャンについて考察しました。 実存主義によれば、ほんとうのわたしとは、純粋に内面的な自己ではなく、むしろ「状況内存在」としての自己です。 特権…

3.2 「弱い人」としてのジャン ~ 本来の自己を選ぶ自由

unfreiefreiheit-aot.hatenablog.com 「弱い人」でありつづけるジャン 前回は、ジャンが自由な「状況内存在」となったこと、すなわち「今何をすべきか」を知り、状況を自分自身の責任において引き受けたことを論じました。 みずからの痛み、みずからの弱さを…

3.1 「オレには今何をすべきかがわかるんだよ」 ~ 本来の自己を選ぶ自由

主演俳優として引きずり出される「その他大勢」 アルミンの実存的選択にかんする考察において、かれが自由になりうるかどうかは、ロマンティックな夢追い人としての自分自身に対する責任を引き受けられるかどうかに左右される、ということを論じました(2.7.…

2.7.b みずからの「夢」の責任を引き受けるアルミン (下) ~ マキャベリズム・ロマン主義・実存的自由

unfreiefreiheit-aot.hatenablog.com アルミンの実存的選択または脱マキャベリズム 善をなすことがどれほど困難だとしても、悪が生じるのは必然ではなく、人間の自由からである。 「夢」と現実との落差がどれほど大きいとしても、現実に屈するか現実を乗り越…

2.7.a みずからの「夢」の責任を引き受けるアルミン (上) ~ マキャベリズム・ロマン主義・実存的自由

unfreiefreiheit-aot.hatenablog.com マキャベリスト的ロマン主義者アルミンの挫折 エルヴィンの代わりに蘇ったあと、アルミンは「大事なものを捨てる」決断ができるマキャベリストではなくなってしまったように見えます。なぜでしょうか? 才能が失われてし…

2.6.b マキャベリストと群衆、またはフロックとイェーガー派 (下) ~ マキャベリズム・ロマン主義・実存的自由

「上」からお読みを。 unfreiefreiheit-aot.hatenablog.com フロックと群衆 さて、なぜ「凡人」フロックが凡人のまま、ここまで徹底的にちゅうちょなく、血も涙もなく冷酷なマキャベリズムを実践できるかを考察してみましょう。 ポイントは、すでに述べたと…

2.6.a マキャベリストと群衆、またはフロックとイェーガー派 (上) ~ マキャベリズム・ロマン主義・実存的自由

unfreiefreiheit-aot.hatenablog.com 凡人フロックが欲する「悪魔」 今回は、エルヴィンを「地獄」に蘇らせようとしたフロックに光を当ててみます。 マーレ編以降、まるでエルヴィンやアルミンのかわりに、フロックがマキャベリストの役回りを引き受けたかの…

2.5 なぜリヴァイはエルヴィンではなくアルミンを選んだか ~ マキャベリズム・ロマン主義・実存的自由

unfreiefreiheit-aot.hatenablog.com ほんとうにリヴァイの選択だったのか ずいぶんとエルヴィンの話が長くなってしまいました。 でもようやくここで、次の問題を、哲学的考察のために俎上に上げることができるというもの。 なぜリヴァイはエルヴィンではな…

2.4.b 「かけがえのないわたしの死」を生きる (下) ~ マキャベリズム・ロマン主義・実存的自由

「上」から読んでください。 unfreiefreiheit-aot.hatenablog.com 「我々はここで死に 次の生者に意味を託す」 絶対的な死を前にしては、どんな人生も等しく無意味。 そう認めながらも、エルヴィンは叫びます(80話)。 仲間たちの惨たらしい死に意味を与え…

2.4.a 「かけがえのないわたしの死」を生きる (上) ~ マキャベリズム・ロマン主義・実存的自由

unfreiefreiheit-aot.hatenablog.com 死の存在論的意味 世界の真実を明らかにするという宿願を、ファウスト的自由を、諦めたエルヴィン。 かれの選択は、状況に迫られて仕方なく選んだ自己放棄でしかないのでしょうか? それとも、たんなる諦めや自己放棄と…

2.3.b 「特別なわたし」の自由またはファウスト的自由 (下) ~ マキャベリズム・ロマン主義・実存的自由

「上」からお読みください。 unfreiefreiheit-aot.hatenablog.com ファウスト的自由 ~ 崇高な瞬間を体験するために この世界に「特別なわたし」が実現される崇高な瞬間を追い求める、ロマン主義的エゴイスト、またはファウスト的自我。 そういうファウスト…

2.3.a 「特別なわたし」の自由またはファウスト的自由 (上) ~ マキャベリズム・ロマン主義・実存的自由

unfreiefreiheit-aot.hatenablog.com ロマン主義と非モラリズム アルミンはマキャベリストを目指しながら、エルヴィンはエゴイズムを貫きながら、二人とも根本的にはある種のロマン主義者であったという点から、考察を再開しましょう。 かれらの行動原理には…

2.2 エルヴィンがマキャベリストではない理由 ~ マキャベリズム・ロマン主義・実存的自由

unfreiefreiheit-aot.hatenablog.com マキャベリストのようでマキャベリストではないエルヴィン マキャベリスト・アルミンがロールモデルとする、調査兵団の指揮官エルヴィン・スミス。 記事 0.3 で予告しておきましたが、かれは実のところマキャベリストで…

2.1 「何を捨て去れば変えられる?」 ~ マキャベリズム・ロマン主義・実存的自由

導入――自由と非モラリズム 積極的自由の観念によれば、自由とは善いもの、すなわち、人間がそうあるべき自己決定の状態です(0.2)。 しかしながら、自由こそ何にも代えがたい至高の善であるのに、世に言う道徳的な善悪は、人間を束縛し、その自由を制限して…

文献一覧

当ブログで参照した哲学書などの一覧です。ご参考までに。 0 自由の哲学入門書として読む『進撃の巨人』 バーリン「二つの自由概念」 みすず書房『自由論』所収 マキャヴェリ『君主論』中公文庫など サルトル「実存主義とはヒューマニズムである」 人文書院…

1.5 リヴァイに託された「夢」としての自由 ~ ニヒリズムと実存的自由

unfreiefreiheit-aot.hatenablog.com なぜ実存主義者はニヒリストよりも理想主義者になるか 決断することをためらうな、だが同時に、自分の判断が次の瞬間には誤りになることをつねに覚悟せよ――これがリヴァイの生きざまから抽出される教えです。 ところで、…

1.4.b 不安を生き抜くことの倫理 (下) ~ ニヒリズムと実存的自由

「上」から読んでね! unfreiefreiheit-aot.hatenablog.com 「敢然として決断をなさい」 決断すること。 何にも動じずに欲することを為そうとする「力への意志」になること。 「残酷な世界」に、ニヒリズムに対抗するには、そのような鋼の意志へと自己を化す…

1.4.a 不安を生き抜くことの倫理 (上) ~ ニヒリズムと実存的自由

unfreiefreiheit-aot.hatenablog.com たいへん長らくお待たせしました! 今回のメインは、みんな大好き、リヴァイ兵長ですよー! ...といいながら、たいして待っている人もいない当ブログではありますが...(読んでくださる方々、いつもありがとうございます…

1.3.b 反ニヒリストと「力への意志」 (下) ~ ニヒリズムと実存的自由

「上」から読んでね! unfreiefreiheit-aot.hatenablog.com 「力への意志」になりきったエレン そんなこんなで、いろいろ経験して成長し、覚悟ガンギマリになったエレンは、最終的にはテコでも揺るがぬ「力への意志」の持ち主となりました。 「道」をつうじ…

1.3.a 反ニヒリストと「力への意志」 (上) ~ ニヒリズムと実存的自由

unfreiefreiheit-aot.hatenablog.com 「力への意志」 ~ ニヒリズムを克服する自由 ニーチェによればニヒリズムとは、挫折させられた自由の埋め合わせです。 「虚無への意志」は、まるで魔法のように、無意味を意味に、無目的を目的に、不条理を条理に、行為…

1.2.b ニヒリストと「虚無への意志」 (下) ~ ニヒリズムと実存的自由

「上」から読んでね! unfreiefreiheit-aot.hatenablog.com 自由の埋め合わせとしてのニヒリズム 前記事で見たことを要約しましょう。 ニーチェによれば人間は、どれほど無力であろうとも、価値を、意味を、自由を、欲せずにはいられない存在です。 挫折した…

1.2.a ニヒリストと「虚無への意志」 (上) ~ ニヒリズムと実存的自由

unfreiefreiheit-aot.hatenablog.com 「残酷」な世界のなかで、価値ある自由を求めて 強者をかせにはめようとする奴隷的大衆と、それでもあえて強者であろうとする自由で勇敢な少数者。 そんなニーチェ的構図で読み解ける側面を『進撃』はもっています。 た…

1.1 「世界は残酷だ そして とても美しい」 ~ ニヒリズムと実存的自由

ニヒリスト的世界としてのパラディ島 『進撃』の作品世界において、人類は自由ではありません。 なぜなのか。人類を無残に喰い殺す巨人たちに、自由を奪われているから? そうではありません。むしろパラディ島の人類は、自由をみずから放棄しているから、自…